次世代放射光施設シンポジウム


次世代高輝度放射光施設イメージ図
       次世代高輝度放射光施設のイメージ
      (画像をクリックすると動画を開始します)

      ※環境によっては動画を再生できない場合があります。

   ポスター
          

 会期:2018年11月25日(日)13:00~17:15
 会場:仙台国際センター 大会議室「萩」
 主催:量子科学技術研究開発機構、光科学イノベーションセンター
 参加費:無料(懇親会は別途1,000円程度)

 プログラムはこちらからダウンロードできます。

    

本年1月に「官民地域パートナーシップ」による次世代放射光施設の具体化等を進める「整備・運用の検討を進める国の主体」として、 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(「量研」)が指名され、7月には、一般財団法人光科学イノベーションセンター(「財団」)を代表機関とし、 同財団、宮城県、仙台市、国立大学法人東北大学、及び一般社団法人東北経済連合会が、地域及び産業界のパートナーとして選定されました。

本プロジェクトの大きな特長のひとつは、 「官民地域パートナーシップ」によるプロジェクトの推進という点にあり、 国の主体である量研と、 地域及び産業界を代表する東北側パートナーの密な連携協力という枠組みそのものが、新しいチャレンジであるとも言えます。

このような背景のもと、9月12日、量研と財団との間で、「次世代放射光施設(軟X線向け高輝度3GeV級放射光源)の整備・運用等に係る 詳細の具体化に関する連携協力協定」を締結しました。本協定の締結により、量研とパートナーとの連携・協力の枠組みが構築され、 次世代放射光施設の整備・運用に関する種々の検討・調整を開始しております。この度、量研と財団の共同主催により、 「次世代放射光施設シンポジウム」を開催する運びとなりました。





お申し込み方法

参加希望者は申込票(Excel) に必要事項を記入し、下記お問い合わせ先までe-mailで送付ください。
当日受付もございますが、準備の都合上、なるべく11月9日正午迄に参加登録をお願いします。



お問い合わせ先:
  国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
  高輝度放射光源推進準備室 シンポジウム事務局
  E-mail:










Copyright (C) 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 All Rights Reserved.