次世代放射光施設

  ホーム  ご挨拶  パートナーシップ  施設の特徴  技術情報  お問い合わせ



官民地域パートナーシップによる次世代放射光施設の推進

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構を国の主体とし、一般財団法人光科学イノベーションセンターを代表機関とする、 同財団、宮城県、仙台市、国立大学法人東北大学、及び一般社団法人東北経済連合会で構成される民間・地域パートナーは、 財源も含めた「官民地域パートナーシップ」により、連携して軟X線向け高輝度3GeV級放射光源(次世代放射光施設)の整備・開発を進めます。
次世代放射光施設シンポジウムをQSTとPhoSICが共同主催
次世代放射光施設に関する連携協力協定の署名式
次世代放射光施設建屋の敷地造成工事の安全祈願祭
次世代放射光施設の完成イメージ
東北大学青葉山新キャンパス内の便利な立地
建設予定地の敷地造成を開始
  量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学部門
次世代高輝度放射光の動画


     
     
お知らせ/NEWS

(新着)
 2019年10月24日  一般財団法人光科学イノベーションセンターの専用ウェブページを開設しました。

(過去のお知らせ)
 2019年10月11日  次世代放射光ナノ電子分光ワークショップ2019の講演集を公開しました。
 2019年10月 1日  東北大学に新しく『国際放射光イノベーション・スマート研究センター』が設置されました。
 2019年10月 2日  次世代放射光ナノ電子分光ワークショップ2019を開催しました。
 2019年10月 1日  次世代放射光超高分解能RIXSワークショップを開催しました。
 2019年9月26日  「次世代放射光施設 第4回コウリションコンファレンス」(一部非公開)が開催されました。
 2019年 7月1-5日   Poster Presentation at the 40th International Conference on Vacuum Ultraviolet and X-ray Physics (VUVX19)
 2019年 6月28日  次世代放射光施設ビームライン検討委員会の報告書を公開しました。
 2019年 4月22日  国際フォーラム「1st International Forum for Innovation in Next Generation Synchrotron Radiation (SR)」を開催しました。
 2019年 4月 4日  QST News Letterの4月号が発行されました。11ページ~12ページに次世代放射光施設の記事が掲載されています。
 2019年 3月28日  東北大学青葉山新キャンパスにおいて次世代放射光施設の敷地造成に着手しました。
 2018年12月26日  次世代放射光施設ビームラインに関する意見・要望を募集いたしました。
 2018年11月25日  次世代高輝度放射光に係る合同シンポジウムを開催いたしました。
 2018年 9月12日  次世代放射光施設に関する連携協力協定を締結いたしました。
 2018年 7月 3日   次世代放射光施設(軟X線向け高輝度3GeV級放射光源)官民地域パートナーシップ具体化のためのパートナー選定等について(決定)
 2018年 6月28日   文部科学省量子ビーム利用推進小委員会報告「次世代放射光施設(軟X線向け高輝度3GeV級放射光源)官民地域パートナーシップ具体化のためのパートナー選定に係る調査検討結果(報告)」
 2018年 1月18日   文部科学省量子ビーム利用推進小委員会報告「新たな軟X線向け高輝度3GeV級放射光源の整備等について(報告)」







Copyright (C) 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 All Rights Reserved.